トップページ > お知らせ一覧 > 秋田-大分青年部が新時代飾る友情交流

お知らせ一覧

2018/01/14秋田

秋田-大分青年部が新時代飾る友情交流

大分青年部の代表が13、14日の両日、秋田を訪問した。
約40年前、“東の秋田、西の大分”と言われるほど、様々な試練に苦しんだ両県の友。昨年12月には、秋田青年部の代表が大分を訪れ、新時代の友情交流の扉を開いた。
両県の友は14日、池田先生が36年前の「雪の秋田指導」で、同志と共に勝ち鬨をあげた沼田街区公演を訪問。また、当時9カ所で行われた雪上の“街頭座談会”の足跡をたどり、励ましに徹する師の魂を学んだ。
さらに、秋田文化開館で交歓の一時を。総秋田の齋藤青年部長は「師弟共戦の心意気で正義の連帯拡大をけん引しましょう」と力説。大分総県の星野青年部長は「後継の人材育成を競い合い、共に栄光の歴史を」と語り、エールを送り合った。

秋田-大分青年部が新時代飾る友情交流

秋田、大分の青年部代表らが正義の連帯拡大を誓い合う。1982年1月13日、14日に池田先生が訪れた秋田市内の沼田街区公演で、意気軒昂に勝ち鬨をあげた。

←TOPに戻る

←お知らせ一覧に戻る