トップページ > お知らせ一覧 > 山形で「山フェス2017」-桜梅桃李の光彩(かがやき)放て

お知らせ一覧

2017/09/03山形

山形で「山フェス2017」-桜梅桃李の光彩(かがやき)放て

山形総県の創価青年大会は3日、山形市の山形県民会館で開催された。
「桜梅桃李の光彩(かがやき)―山形の心が、世界を明るくする」をテーマに行われた。
「桜梅桃李」――山形の同市の胸にはいつも、池田先生が示した、この仏法の精神が響いている。
それは厳冬を越えた百花繚乱の春に先生を迎えた第1回山形県総会(1983年4月18日)。この時先生は北国の広布に生きゆく、けなげな同志に語りかけた。
「桜梅桃李の原理のごとく、だれ人が見ていようが見ていまいが、あくまでも妙法につつまれて自分らしく生きていくことが大事なのである」
皆が主役、皆が人材。
2000人の友が集い合い、男子部は励ましの絆を深めた仲間とともに、力強いダンスや合唱を。女子部は、軽快なリズムに合わせたダンスや、悩みに負けない歌を披露。学生部は伝統の和傘を使った演舞に挑んだ。
青年部宣言の後、全員で愛唱歌「桜梅桃李の光彩(かがやき)」を歌い上げた。

無限の勇気はわが胸に――ヤング男子部の躍動のステップ

無限の勇気はわが胸に――ヤング男子部の躍動のステップ

とびきりの笑顔で会場を沸かせた女子部のダンス

とびきりの笑顔で会場を沸かせた女子部のダンス

先駆の勇者学生部は和傘の舞を粋に演じた

先駆の勇者学生部は和傘の舞を粋に演じた

みんながみんな主役――女子部による合唱が晴れやかに

みんながみんな主役――女子部による合唱が晴れやかに

試練や困難に負けない!男子部が弟子の心意気を歌う

試練や困難に負けない!男子部が弟子の心意気を歌う

フィナーレでは音楽隊の有志が勇壮な演奏を響かせ、全員で情熱こもる合唱を。万雷の拍手が会場を包んだ。

フィナーレでは音楽隊の有志が勇壮な演奏を響かせ、全員で情熱こもる合唱を。万雷の拍手が会場を包んだ。

←TOPに戻る

←お知らせ一覧に戻る