トップページ > お知らせ一覧 > 師弟の福光(ひかり)で世界を照らせ!宮城で創価青年大会

お知らせ一覧

2017/09/03宮城

師弟の福光(ひかり)で世界を照らせ!宮城で創価青年大会

総宮城の創価青年大会が3日、東北文化会館で、午前と午後に行われ、出演者・参加者ら総勢4000人の情熱の祭典となった。
本年は、宮城の地で永遠の指針「人材の牙城・東北たれ」が発表されて50年。
宮城青年部は、この青年大会から新たな50年を切り開こうと友好拡大に奔走し、当日を迎えた。
「師弟の福光(ひかり)で世界を照らせ!」とのテーマで開かれた大会では、男子部・女子部・学生部が歓喜と決意の歌声を披露。
また、学生部では県内で約1,000人に実施した「学生平和意識調査」の結果を発表した。
このほか、宮城鼓笛隊、宮城県青葉少年少女合唱団などが演奏や合唱を届け、青春のエネルギーはじける情熱の祭典となった。

僕らは挑戦者-学生部が決意の歌声を響かせた。

僕らは挑戦者-学生部が決意の歌声を響かせた。

男子部の友は、“歓喜の姿を見よ”と苦悩を突き抜ける不撓不屈の精神を合唱で表現。

男子部の友は、“歓喜の姿を見よ”と苦悩を突き抜ける不撓不屈の精神を合唱で表現。

君が笑顔になれば世界中に幸せが広がる-女子部が太陽の心をダンスと歌で表現し、会場は華やかに。

君が笑顔になれば世界中に幸せが広がる-女子部が太陽の心をダンスと歌で表現し、会場は華やかに。

人材城・総宮城のフィナーレ。大会では男子部・女子部の代表が信仰体験を発表し、感動を広げた。

人材城・総宮城のフィナーレ。大会では男子部・女子部の代表が信仰体験を発表し、感動を広げた。

←TOPに戻る

←お知らせ一覧に戻る