トップページ > お知らせ一覧 > 池田大作名誉会長 『新・人間革命』「福光」の章の銘板除幕式

お知らせ一覧

2013/05/05福島

池田大作名誉会長 『新・人間革命』「福光」の章の銘板除幕式

 池田大作名誉会長の小説『新・人間革命』「福光」の章の冒頭を刻んだ銘板の除幕式が5月5日、福島県郡山市の創価学会・福島文化会館で行われた。
 同章は、2011年9月1日付の本紙で連載が開始。福島の地を舞台に広布史をつづる師の筆に、大震災以来、幾重もの試練と闘う福島の同志は確かな希望を見いだした。「春を告げよう! 新生の春を告げよう!」
――冒頭の一節をわが使命と胸に刻み、負けない日々を歩み抜いてきた。

小説『新・人間革命』「福光」の章の銘板を除幕

 式典では、遠藤総福島長、石橋同婦人部長が「東北福光の一番星と輝く福島から、新たな師弟共戦の勝利譜を」と語った。菅田同男子部長、三浦同女子部長らの後、山田総東北長が祝福した。
 除幕式が行われた「5月5日」。この日は、名誉会長が福島に初来県してから、60周年の佳節を刻む。1953年(昭和28年)、男子部の第1部隊長だった名誉会長は、会津の地に来県の第一歩をしるした。
 言われなき弾圧を加えられていた学会員を守り、創価の正義を示しきった名誉会長の闘争は、福島広布の原点に。現在、5月5日は「福島青年部 正義の日」となっている。
 そして60周年を迎えた5日、会津の地に立つ福島研修道場の「三代桜」が〝この日〟を待っていたかのように開花した。「三代桜」は、1995年(平成7年)、同道場を初訪問した名誉会長が自ら植樹したもの。〝新生・福島〟の前進を寿ぐように、風雪に耐えた桜の花々が輝いた。

会津の桜

←TOPに戻る

←お知らせ一覧に戻る