トップページ > お知らせ一覧 > 福島県内7会場で「フェニックス大会」開催

お知らせ一覧

2012/10/14福島

福島県内7会場で「フェニックス大会」開催

福島県内7会場で「フェニックス大会」開催

 今月、福島県内7会場で「フェニックス大会」が開催された。
 同大会は昨年の原発事故以来、県の内外に避難した友らが集って励まし合い、 「震災に"負げでたまっか"」と不死鳥(フェニックス)のごとく立ち上がり、 前進していくために、度々、開催されている。

 今回も会場には、県内外に避難した「うつくしまフェニックスグループ」のメンバー、地元同志が参加。新潟県や関東地方からも同グループの友が駆けつけた。
 このうち、福島常勝県の同大会(写真)は10月14日午前、郡山市の福島文化会館で行われた。池田大作名誉会長が記念のメッセージを贈り、「いずこにあっても、妙法を持った皆様は、行くところ、向かうところ、必ず、希望と福徳あふれる天地へと蘇らせ、輝かせていくことができます」と、友の力強い前進を念願した。
 佐々木功重さん、川崎芳子さん、川崎博美さんの活動報告、新世紀圏の清水三郎圏長、大野久美子同婦人部長のあいさつなどに続き、水戸東北副総合長は、混沌とした社会だからこそ、〝本物の希望〟が輝く。新生・福島を構築する皆の前進こそが、東北、日本に勇気の波動を起こしていく、と激励した。

←TOPに戻る

←お知らせ一覧に戻る