トップページ > 東北創価学会広布史 12月

東北創価学会広布史

12月 池田総務、徹底して御書講義を

 1959年(昭和34年)12月12日、池田総務(当時)が来仙した。
 前年の4月、戸田第二代会長が逝去し、「学会は空中分解する」とマスコミから揶揄される中、徹して会員の激励に奔走。
 「佐渡御書」「末法相応抄」「妙一尼御前御消息」「三重秘伝抄」などの御書講義を行い、"信心の背骨"を作る教学の大切さを訴えた。

12月 池田総務、徹底して御書講義を